インド旅行記3 2014年 デリー



高級ホテルと美食が大好き、旅にでかける一番の目的はホテルと食事。
自称エレガンス派トラベラー・・・ だったはず (笑)

そんな折、気まぐれから8年前に訪れたインド。

予想をはるかに超えたインドの魅力、そんなインドの虜になって
これまで旅すること 4回。

「 こんなはずじゃなかったよね~ 」( © レ・ロマネスク )

「 汚い、臭い、うざい 」 の3重苦を覚悟していたインドの旅。

しかし実際に訪れてみたら、世界指折りの優雅な滞在が愉しめるホテル
フレンチや中華に引けを取らない多彩なインドのグルメ。

13億のインド人、エキゾチズム、混沌、パワー、宗教、原色、匂い、の過剰な洪水
インドは、現実生活とはかけはなれた異次元の国
文字通りシュールレアリスムの世界でした。



インド初訪問では南部を中心に、「 アグラ 」 ( タージマハル )、 「 ケララ 」、 「 ムンバイ 」
2度目の訪問は、 ” ラジャスターンの薔薇 ” と呼ばれる ” ピンク・シティ ” 「 ジャイプール 」 と 「 ムンバイ 」

そして3度目の2014年は、北インドを中心に旅をしました。
今回は、その3度目のインド旅行記です。



今回の旅程は、「 デリー 」 から、夜行列車でヒマラヤ山脈麓の町 「 カルカ 」 へ
世界遺産の山岳鉄道に乗り、英国統治時代の夏の首都、高原リゾート 「 シムラ 」 で4泊
「 シムラ 」 から、ヨガの聖地として有名な 「 リシュケシュ 」 に移動し3泊
「 リシュケシュ 」 から 「 デリー 」 へと戻り2泊

合計10泊11日の旅行です。



北部インドの旅初日
デリー「インディラ・ガンジー空港」午前着。

ホテルへチェックインの前に、まずはデリー市内の有名レストラン 「 カリム・ホテル 」 へ直行。
インド初日の洗礼として、レストランの名物料理 「 羊の脳みそカレー 」 を味わいます。


いつもながら食事の計画だけは、我ながら完璧なスケジューリング。
レストランへ行こうとタクシーに乗り込んだら、
肝心のレストランの住所を忘れて・・・・愉快な、ではなく大慌て

3度目のインドとはいえ、あまりにも気が緩みすぎ (汗)
初回の時のあの緊張感はどこえやら・・・


おぼろげな記憶を頼りに、オールドデリーの 「 ジャーママスジット・モスク 」 の前でタクシーを降り、喧騒のスークへ入っていきます。 未舗装の狭い通りは、人混みと物売り、野良牛、砂ぼこりで充満し、車ではいることはできません。

幸いなことに、路地に入って数メートルで目的のレストランが見つかりました。



e0349423_22491332.jpg



お店の名前は 「 カリムホテル 」 ですが、宿泊設備のあるいわゆるホテルではありません。
100年の歴史を誇る、ムガール料理の老舗レストランです。



e0349423_22500231.jpg



店内は思っていたよりも明るく清潔。
お客さんの多くは、特別な食事を楽しんでいる雰囲気のインド人グループ。

お店に着いたのがお昼前だったので、並ばず席につけました、ラッキー!



e0349423_22512380.jpg


注文は、羊のタンドール、羊のビリヤニ
名物の 「 羊の脳みそカレー 」

誰に遠慮する必要がない、思う存分のひつじ三昧
これぞインド旅行の醍醐味 (笑)



e0349423_23120562.jpg


タンドーリの味は見た目のままだったような・・・
ぼそぼそぱさぱさ系



e0349423_23161058.jpg


カレーの表面の分厚い脂膜、もの凄い量の油! 初めて見る油チヤッチヤ系インドカレー
味は、羊の脳みそが濃厚なお豆腐のようなので、まるでカレー味の麻婆豆腐を食べているみたい。

これが従来のインド料理だとしたら、最近のインド料理はかなりヘルシーになっている ?
あれでも (笑)



e0349423_23171133.jpg



美味しくいただきました、ご馳走様でした。

お勘定は合計2000円ほどでした。
下町感覚では高級店ですね。

油ギッシュで、ダイナミックなお料理
体力のある元気なときや、若者向けのレストランです。



食事を終えたら、ホテルに向かいます。
ここでまた一苦労 (笑)

食事をしたレストラン周辺は典型的なインドの下町。 リクシャーやトゥクトゥクばかりで、自動車やタクシーが見当たりません。 荷物があるのでトゥクトゥクに乗るわけにもいかないし・・・

道路わきに荷物を置いてタクシーを探していたら、インドの人たちに注意されました。
「 ここはインド。あなたたちの国のように安全ではありません。もっと用心しなさい! 」

インドの人が呆れて注意されるとは・・・どんだけ?

皆さん親切で、タクシー探しも手伝ってくれました。
渡る世間に鬼はなし、でもこの緩みきった気持ちはしっかり引き締めないと (汗)



タクシーに乗ってやってきたのは 「 Maidens Hotel 」

今日の Kalka 行きの列車は今夜9時発なので、休憩用にデイユースでお部屋を確保しました。

メイデンホテルは、オールドデリーを代表する歴史あるクラッシックホテル。
ニューデリーのインペリアルホテルと並ぶ、コロニアルスタイルの伝統的なホテルです。

ホテルの開業は1903年。
ムンバイのタージマハルパレスと同年。

現在はオベロイの経営で、オベロイグループの本社はメイデンホテルの敷地内にあります。

オールドデリーの緑豊かな高級住宅街に佇む白亜のホテル。
広く贅沢なお庭にプールもあります。



e0349423_23405670.jpg



チェックインを済ませ、2階の部屋に案内されました。

ホテルは全体的にメインテナンス状態が良くなく、あまり清潔とは言えません。
お庭もプールも少し寂れた印象。

客室の窓は入口側にだけあり、部屋の奥の寝室や浴室には窓がない、ラッフルズスタイルの鰻の寝床。 
ドアの向こうはオープンエアの外回廊ではなく室内の廊下なので、昼でもなおうす暗い。

白いモルタル塗りの館内は年月を経た色合いで、ホテルというよりはサナトリウムのような不愛想な空間。 しっかり手を入れたら素晴らしいホテルに生まれ変わるのに。 無駄に贅沢な敷地や建物がもったいない。

値段は確かにお手ごろなのですが、宿泊するには現状ではちょっと厳しいかも。



夜になるまで、部屋で仮眠をしたり、お庭を散歩して、フライトの疲れをとります。

夕食はホテルのレストランでいただきます。 夜行列車に備えてしっかり栄養補給 (笑)

クラッシクホテルだけに、レストランやバーは天井が高く、さすがに雰囲気があります。



e0349423_00180091.jpg



タリー2人分と、羊のビリヤニを注文。
( 合計約6000円ほど )



e0349423_00442622.jpg


オベロイ系列のホテルだけあって、品の良い丁寧な味付け。
とても美味しくいただきました。


夕食を終え、チェックアウトを済まし、オールドデリーの駅までタクシーで向かいます。
乗車する Kalka Mail 号がオールドデリー駅発なのも、駅に近いメイデンホテルを利用した理由です。

久しぶりのインド列車の旅、そして初めての寝台体験。 鉄子の胸は高鳴ります。

プラットフォームに立つと、耳に聞こえる懐かしい構内アナウンス。

大音量の 「 ジャジャ~ン 」 がエンドレスでローテーション。

インドならではの派手なメロディーにテンションも急上昇。

日本でもこれ採用してくれないかな、新宿駅埼京線乗り場だけでもいいから。
朝の平凡な通勤風景も、ハイテンションな踊るマハラジャモードに変わるはず (笑)


カルカッタ始発の Kalka Mail 号は、2時間遅れでデリーに到着。

自分の乗る車両が分からず、長いホームをいったりきたり、走りまわって大慌て。
しっかりご飯を食べておいてよかった(笑)

真夜中近くに発車した列車は、それでも頑張って少しは挽回し、カルカ駅に5時過ぎに到着しました。
早朝の空気は爽やかで、すでにリゾート気分 (笑)



e0349423_01041225.jpg



以前に乗ったニューデリーからアグラまでの列車が予想以上に快適だったので、
今回、寝台列車にチャレンジしたのですが・・・・ インドをなめたらいかんぜよ (笑)

一等車といえども、あまり快適とは言えない乗り心地でした。

南京虫というお土産までついて・・・(涙)


つづく



by nonaetamu | 2017-05-27 19:31 | インド | Comments(4)

高台寺和久傳



先回の熊鍋(比良山荘での料理名は月鍋)に続き、昨冬の味覚の思い出をもうひとつ。

このところ熊にうつつをぬかしていましたが、冬の味覚の女王といえばやはり松葉蟹。
関西に育ったので、子供の頃は季節になると、城崎や山陰に蟹を食べに行くのが年中行事でした。

親元を離れ出不精になり、すっかりご無沙汰だったのですが、ある雑誌の蟹特集を見て
懐かしさとともに蟹が無性に食べたくなりました。

久しぶりに竹野の竹涛に行ってみようかと食友達数人に声をかけたのですが、皆の都合が合わず遠出は無理となったので、
高台寺和久傳での蟹コースとあいなりました。

個人的に高台寺の和久傳には伺ったことがなかったので、評判の蟹をいただく良い機会となりました。


底冷えの厳しい1月の京都、すっかり日も落ちた時間に高台寺和久傳に到着。

タクシーから玄関までのたった数歩が寒い!

温かく火鉢が焚かれた玄関に通されほっとします。

紅白の椿が、新年のめでたさを残しているかのよう。



e0349423_18573675.jpg




掘りごたつ式のカウンターになった個室に通されると、温かな空気に乗り焼蟹の香りが。
期待に胸が膨らみ、お腹は凹みます。

料理長からの一献をいただいてコースがスタート。
一献のお酒が美味しかったので、同じものを続けてお願いします。

まずは先付に北寄貝、鱈の白子、紅白の大根の酢の物が。



e0349423_05524881.jpg





出汁の利いた土佐酢はゆるいジュレ状になっていて、食材によく絡みます。
貝の旨味と歯応え、白子のクリーミーなコク、そして爽やかな紅白の大根のハーモニー。

口の中がさっぱりしたところで、先付がもう一品。焦らすかのように蟹以外の食材で。
京都の方は本当に「いけず」ですね(笑)



e0349423_06030617.jpg




拍子木切りした和牛に、甘い醤油ダレ(要は焼肉のタレの極上品な感じ)をかけています。
さっぱりさせた口に、和牛の甘い脂が回ります。
牛刺はとても美味しい、けど早く蟹も食べたい。意地汚い心は千々に乱されます(笑)

そしていよいよ、「お蟹さま」が登場です!



e0349423_06144463.jpg



意表を突いた蟹のにぎり寿司。お凌ぎの扱いでしょうか。
口の中で解れた蟹の身が、同じく解れたご飯粒と絶妙に混ざり合います。

続いて椀物。蓋を取ると、皆から喜びと溜め息が同時に漏れます。



e0349423_06422714.jpg



足の身にみそと外子を添えた、なんとも贅沢なお椀。
椀の中はそれぞれの異なる旨味と食感が鬩ぎ合うバトル・ロワイヤル状態です。

向付は、蟹に負けない旨味の河豚で。



e0349423_06502126.jpg



蟹の攻めの旨味とは異なる、抑制の利いた静かな旨味に引き込まれます。
例えるならチャイコフスキーの後に聞くバッハ。もしくはミケランジェロの後に見るフェルメール?

鉢魚として、いよいよメインイベントである焼蟹のターン!
まずは焼く前の蟹とご対面です。



e0349423_04160863.jpg



まずは足の部分から。



e0349423_04245800.jpg



水分が飛ぶことで、濃縮された蟹の風味と旨味に感動。
茹でや蒸しとはまた違う、蟹の美味しさが広がります。
焼き目の香ばしさがまた、良い仕事をしています。



e0349423_04293059.jpg



足の先端部は燗酒に入れて。
ひれ酒ならぬ、足酒? 爪先酒?
日本酒に香ばしさと旨味が移り、ここに塩を入れたら立派なスープになりそうです。

もう一度足と、身が詰まった肩の部分の焼きが。



e0349423_04334411.jpg



お約束通り、皆が静まり返ります。

味噌が入った甲羅も炭で炙り、ビスクのように濃厚なスープとして出されます。
「一口残したら、そこにお酒を入れ温めますよ」と料理長のお誘いがありましたが
あまりに美味しすぎて、その一口が残せません。
人目がなければ、いっそ甲羅を舐めたいくらいです(笑)
こういうとき、西洋料理はパンで拭えていいですね。

止め肴は蛤と独活や人参、百合根などの和え物。



e0349423_04405158.jpg



止め肴と順が入れ替わりますが、ここで強肴の頭芋の煮物が出されました。
おめでたい頭芋に貴重なばちこが添えられ、色や形のコントラストが抽象画のようです。



e0349423_04452853.jpg



きっと蟹の強い旨味を一度酢で洗い流し、出汁とばちこをきちんと味わって欲しいということで
あえて料理の順番を入れ替えたのでしょう。
立派な頭芋も、美味しいお出汁のおかげでするすると完食。
ばちこも良いアクセントで、残っていた日本酒が進みます。

食事は「蟹雑炊」か「玉子綴じ丼」かの希望を聞かれます。
初めての和久傳なので定番の雑炊も捨てがたかったのですが
雑誌などで見た事がない玉子綴じ丼への好奇心が勝りました。



e0349423_04595785.jpg



とろとろの卵に蟹足がごろごろ、美味し過ぎて一膳では足りません!

後髪を引かれながら料理は終了。
柑橘(品種名は失念)のゼリーと



e0349423_05091948.jpg



わらびもちでコースは終了です。



e0349423_05130505.jpg



ここでも柑橘の酸味で舌を洗い、繊細でまったりした品に続けています。


実は高台寺和久傳に伺うにあたり、「焼蟹ばかり出続けると飽きるのでは?」と思っていました。
焼くと美味しい分、蟹自体のクセやアクも強くなりますし。

しかし、他の料理とも組み合わせながら、会席のスタイルに落とし込み
コース仕立てにされた蟹料理の数々に感心させられた次第です。

生あり、茹であり、焼きあり、酒漬けあり。
飽きるどころか「まだまだ食べたい」と思わせるバリエーション。

間人蟹の新鮮さをできるだけ損なうことなく京都まで運びながら
蟹の美味しさだけに頼らすに、料理としての創意工夫も凝らされている。

間違っても安価な食事とは言えませんが、食材の質や設え・居心地だけでなく
料理1品1品とコース全体での完成度までが考え抜かれている。
料亭ならではの洗練されたお料理でした。

高台寺和久傳の素晴らしさに気づかされた、良い体験となりました。

和久傳の上品な蟹料理と、冬の日本海の荒波のなかでいただく竹涛の豪快な蟹三昧。
来年は、ダブルで蟹を堪能できますように 笑



by nonaetamu | 2017-05-07 15:58 | 日本 | Comments(0)