タイ & ラオス旅行記 2016年3月 バンコク 「 Punjab Grill 」  



「 いまバンコクではインド料理が熱いっ! 」

勝手な思い込みに憑りつかれ、2日目のディナーはインド料理のレストランにいくことに。
今後しばらくは、インドを旅行する計画もありませんからね~

旅先でのグルメは旅行最大の楽しみ
( というか、それしか楽しみがない・・・ )

旅行前に、食い倒れスケジュール作成のための情報リサーチをしていると
( メニューを見たり写真をチェックしたり、この妄想一杯の作業も、旅行準備の最大の楽しみのひとつ )
バンコクでは最近、高級なインド料理レストランが立て続けに何軒もオープンしていることを発見!

印僑の多いバンコクは、以前から本格派インド料理店が豊富な街。
夜景の美しいレンブラントホテルの 「 Rang Mahal 」や、Face 内のお洒落な 「 Hazara 」 等、レベルの高い高級店もあります。

ところがこの数年の間に、「 Maya 」 「 Punjab Grill 」 「 Charcoal Tandoor Grill & Mixology 」 と
ホテルのメインダイニングとして、さらに3軒ものインド料理店がオープンしている様子。

これも話題のアジア No.1 レストラン 「 Gaggan 」 の影響なのでしょうか?


今回はその中でも一番新しく、オープンしたばかりの 「 Punjab Grill 」 にトライしてみることにしました!
お店はスクンビット通りのソイ13、ラディソン・スイート・ホテルの一階にあります。




e0349423_00193859.jpg



店内はとても広く、ラウンジスペースやバースペースがあり、音楽の生演奏も入っています。

遅い時間にもかかわらず、インド人の家族連れで店内はほぼ満席! 
( さすがインド人、どこにいても宵っ張り 笑 )

インドそのままの ど派手でバブリーな きらびやかな雰囲気に、期待が盛り上がります~



e0349423_00204470.jpg




案内されたのは、オープンキッチンの前の席。

3つ並んだタンドール釜は、なんと メイド・イン・ジャパン!
日本の先端技術がまさかこんなところでも活用されているとは



e0349423_00220366.jpg




今回も、大好物のビリヤニを中心に料理を注文してみましょう。


突き出しのパパド( まずまず )
マンゴーとジンジャーのチャツネのフレッシュさが、さすがタイならでは!



e0349423_00231333.jpg



もうひとつの突き出しは、
サッポロポテトに、ヨーグルト、ミントソース、タマリンドソースをかけたもの。
ジャンクな本場インドスナックの味です。



e0349423_00242988.jpg




Crab & Lentil Shorrba
( 蟹とレンズ豆のスープ 180バーツ )



e0349423_00254618.jpg



インド風味のカレー味ビスク



e0349423_00264859.jpg



スープに濃くがなく、胡椒の辛みがいたずらに強くて、単調な味わい・・・・



e0349423_00275101.jpg




Khaam Khatai
( 羊のすり身のタンドール 550バーツ )



e0349423_00291867.jpg



辛みはとても強いのですが、他のスパイスがあまり香ってきません・・・
このあたりから、心の中で期待が急激にしぼんでいく音が聞こえてきます。


Tawa Scallops
( 帆立のソテー、カリフラワーのタンドールとサフランのソース 500バーツ )



e0349423_00320762.jpg



南国で質の高い帆立を求めるのは、まだ難しいのかも・・・
もう既にあきらめの境地に



Dal Panjirattani
( 5種の豆のクミンとアサフェティダのカレー 280バーツ )



e0349423_00423960.jpg




Mutton Biryani
( 羊のビリヤニ 650バーツ )



e0349423_01162396.jpg




こっこれは、見ただけで・・・食べる前からわかってしまう駄目なビリヤニ・・・

美味しいビリヤニは、白いお米と色付きのお米がバランスよく綺麗に混在して、米粒がふわふわと自由に踊ってないと
( 見た目でビリヤニを判断するような、何様日本人に育ってしまうなんて 汗 )

すっかりテンションが下り切って、デザートはスキップ・・・




本場インドで美味しいものを食べすぎたおかげで、普通の味じゃ満足できない舌になってしまっていました (涙)
これは今後の人生において、幸せなことなのか、不幸なことなのか・・・



つづく


by nonaetamu | 2016-05-12 21:34 | タイ | Comments(0)