インド旅行記 2015年9月 7日目 ムンバイ ディナー 「 Neel at Tote on the Turf 」 




ランチを2軒はしごした後、酷暑の中でのショッピングも終えて、やっとホテルに帰ってきました。

大急ぎでラウンジに駆け込んで、アイスティーを駆けつけ2杯!
まずは水分補給をして、一息つきました。



部屋に戻ると、すでにサンセットタイム!


夕日が、いさぎよくさっそうと、アラビア海に落ちていきます。
あの海の対岸は、大好きなオマーン・・・(って、距離どれだけ?)




e0349423_00520922.jpg




日が落ちて、マリーンドライブに灯りが燈ると
海岸線は、ゆるやかな曲線を描いて、文字通り「女王の首飾り」




e0349423_00555476.jpg



こちらのホテルからの景色は、いくら見続けても飽きることがありません。




ホテルからの、今晩の差し入れは「にぎり寿司」
「寿司食いねぇ~!」




e0349423_00553368.jpg




海外でいただく日本の味に
舌も心もほっこりと・・・

味も結構いけてましたよ!




今夜のディナーは、ムンバイで一番お気に入りのレストラン

Neel at Tote on the Turf

マハラクシュミ競馬場の中にある
ムンバイの有名イタリアン「Indigo」が手がけるインド料理店です。

西洋料理の素材や調理法を取り入れた、ヌーベル・アンディエンヌ
シェフが交代したので味が変わったと聞いていたので、少し心配ですが・・・


ホテルからタクシーで20分ほど
ムンバイの街は、灯りが暗いので、慣れるまでは物騒に感じます。


夜はクラブにもなる、お店のエントランスは、とてもお洒落!




e0349423_00570678.jpg





店内は、ナチュラルで明るいインテリア




e0349423_00573384.jpg





基本的に肉食派なんですが
前回シーフードが美味しかったので、
今回は珍しく魚介類を中心にオーダーしました。



Rampuri Nalli Shorba
(仔羊のモワル入りスパイシースープ)



e0349423_00575581.jpg





すり切り大盛りまで、プリーズ(笑)



e0349423_00591355.jpg




このスープ、嬉しいほど美味しい!

初めにスープだけ味わうと、少し物足りない気がするのですが
仔羊の骨髄とジュースがスープに溶けだすと、
俄然、素晴らしい羊の香りが立ちのぼります。

目が覚めるような完成度の高さ!




Neel Ki Macchi
(サワークリーム風味のマナガツオのタンドーリ)




e0349423_01265092.jpg



予想とは異なる、真っ白な料理が!
魚に臭みもなく、間違いのない美味しさです。





Jhinga Narangi Panch Foran
(パンチフォラン・マサラにマリネした海老のタンドーリ)




e0349423_01284769.jpg



オレンジにピンが!(汗)

「パンチフォラン・マサラ」は、5種のスパイスをミックスしたベンガル地方のマサラだそうです。
海老がぷりっぷりで美味しい





e0349423_01474188.jpg






Goshit Ki Dum Biryani
(羊のビリヤニ、壷蒸焼き)



e0349423_01301144.jpg




これや~! この味や~!

京極さんのように、涙を流しながら、ビリヤニをむさぼります(嘘)
 
今回の旅行で、間違いなく No.1 のビリヤニです。
美味しいビリヤニは、お米が自由に踊ってる・・・

炊き込まれている羊もジューシーで、香りが生きてる!


こないだの北京旅行では、北京の羊料理は羊の匂いを押さえる料理が多くて
羊の匂いフェチとしては、少し物足りなかったのですが
インド料理は、羊の香りを引き出すものが多くて、大満足です。

「羊はインド!」



勢いにのって、デザートもいっちゃいましょう!



Kesari Jalebi
(インド風かりん糖のシロップ漬け)



e0349423_01483310.jpg



インドや、アラビア地域の、伝統的なスナック
このお菓子に、こんかいはまりました(笑)

小麦粉を揚げた生地は、まさにかりん糖のように、かりかりとして香ばしい
かりん糖の中の空洞になっているところに、薔薇の香りのシロップや浸み込んでいて
かりっと噛んだ後に、じゅわ~と爽やかなシロップが、口の中に溢れでてきます。


このお菓子は色々な応用ができそうですね。




Parde Me Khubani
(アプリコット餡のパイ)



e0349423_01501115.jpg


これも美味しかった!

インドのデザートは、強烈な甘さばかりが強調されたものが多いのですが、
これは、西洋菓子のバター風味のパイが、甘いアプリコットの餡とマッチしてます。
(でもやっぱり、少し甘すぎるのですが)



NBAに参加しようかと真剣に考えているほど、ビリヤニが大好物

今晩は、会心のビリヤニにめぐり逢えて、テンションも Max !
(因みに、東京では青山の小笠原会館にある「シターラ」のビリヤニがこちらの味に近いと思います。
それからチェンマイの Chedi のビリヤニも)


Neel 」は、期待を裏切らない素晴らしいお店でした。
ムンバイで、一番好きなレストランです!

遊びに走った、珍しさやテクニックだけの、浮ついたフュージョンではなく
地にしっかり足のついた、ぶれのない素晴らしい料理だと思います。

ムンバイにいらっしゃることがあれば、是非お試しになってごらんください。


今回のお会計は、4,000ルーピーほどでした。




大満足のディナーを楽しんで、仕合せな気分でホテルに戻りましょう。
今日は一日、よく働きました。


さて、明日はいよいよ旅行の最終日です!



つづく

by nonaetamu | 2015-11-13 22:27 | インド | Comments(0)