北京旅行記 2014年10月 貴賓楼飯店



なぜか縁がなくて、長いあいだ訪れることのなかった「北京」
満を持して、初めての北京訪問です。

もちろん目的は「食べること」のみ! 

今回は一人旅なので、本場の「宮廷料理」と「北京ダック」に的をしぼって食べつくす予定です。

香港や上海のように、大好きな「食都」となるのか、初北京に期待で胃袋が膨らみます~



今回3夜をすごす宿は「貴賓楼飯店」を予約しました。
故宮を見渡す眺望と、中国風のインテリアに、興味をひかれたからです。

しかも少し古いホテルなので、値段もお手頃 (1泊1400元)
東京でもいまだに「オークラ」を好んで泊まっているくらいなので、むしろ昭和なホテルの方が落ち着くんです。



ホテルへ到着したのは、朝の7時





e0349423_20130394.jpg




中国風の門に、気分が高まります。

荷物だけを預けて観光へでかけるつもりだったのですが、直ぐに部屋に案内してくれました。

中国風の味気ないサービスを予想していたのですが(失礼)、優しい対応にほっとします。






e0349423_20135867.jpg





お願いしてあったレストランの予約も、チェックイン時に再確認してくれました。


ではさっそく、部屋へとのぼりましょう。
アサインされたのは9階の故宮サイドのお部屋です。





e0349423_20194374.jpg




オーソドックスで古典的なつくりの部屋です。
この、「あるべきものがあるべきところにある」感がいいですね~
バスルームがベッドから見えるガラス張りだったりすると、妙に落ち着かなくなってしまう貧乏性なんです 笑


部屋の調度も、ほど良い中華テイスト





e0349423_20201029.jpg




大好きな香港の「マンダリン」を思い出しますね(注:改装前の)





e0349423_20202808.jpg






しかし圧巻なのは、部屋からのこの眺望です。




e0349423_20324631.jpg




ズ~ムイン!




e0349423_20333550.jpg






窓を開けて、身を乗り出すと、「景山公園」「紫禁城」「天安門」の、素晴らしい大パノラマが広がります。





e0349423_20341014.jpg




e0349423_20374852.jpg




e0349423_20390220.jpg




e0349423_20393492.jpg






霞に煙る北京も風情があります。

一幅の中国画のようですね。




e0349423_20401932.jpg





e0349423_20411024.jpg






国慶節のお祝い中だったので、夜もライトアップされていました。




e0349423_20440361.jpg





e0349423_20443495.jpg



この景色を眺められただけでも、このホテルに泊まった価値がありました。


正直なところ、設備は古く、サービスも洗練されていません。
ビジネスには厳しいかもしれませんが、観光目的ならば問題ないと思います。

スタッフの皆さんは、こちらの要望にできる限り応えてくれましたし、
誕生日には部屋にケーキのプレゼントまで!





e0349423_20455849.jpg




すっかり気に入りました!
(甘いケーキで買収されてしまう、分かりやすい性格なんです)

北京の定宿になりそうです
(確かに釣魚台に泊まるまでは、そう思っていました・・・)



では、記念すべき北京での1食目を求めて、まずは「頤和園」へと向かいましょう。


by nonaetamu | 2015-10-24 18:33 | 中国 | Comments(2)

Commented by 96-55 at 2016-09-16 12:20
貴賓楼飯店ってどこなんだろう・・・?
グランドホテルなんですね。
皇帝スイート見てみました!
コッテコテの中国チックな感じですね。以前利用したお隣の北京飯店莱佛士のパーソナリティスイートもとても似た感じですがここまで凄くないです(笑)
Commented by nonaetamu at 2016-09-16 23:34
旅行の楽しみは異国情緒を味わうことと思っているので、ホテルに篭って観光もしない私にとっては、ホテルの部屋があれくらいこてこてでも、むしろ大歓迎(笑)

年をとってから、どこの町にあってもおかしくないようなお洒落系のホテルやデザイン系のホテルには、あまり興味がなくなってきました。

コピペの部屋が多い大手のホテルチェーンに食指が動かなくなったのもそれがひとつの理由です(ウダイプールでウダイビラスではなくシヴニワパレスを選んだり 笑)