マレーシア 2018年 クアラルンプール 「 The RuMa Hotel and Residences 」 3




「 The RuMa Hotel 」
プールやスパ、ジムは、ホテルの6階にあります。




e0349423_05093449.jpg





プールサイドには、色々な種類の可愛いソファがあちらこちらに。
プールバーがオープンしたら、音楽も入って、ラウンジとして利用されるのでしょうね。
( どうかW路線にはなりませんように。。。笑 )




e0349423_05095358.jpg





スパやプールバーなど、一部の施設は、まだ工事中でした。




e0349423_05103025.jpg









e0349423_05105967.jpg





デッキチェアーは、プールの一番奥の、
サンデッキに並んでいます。




e0349423_05111951.jpg





高層ビルに囲まれ、遠くへ抜けるビューはありませんが、
近未来的でダイナミック、不思議なリゾート感があります。




e0349423_05114133.jpg





ビルの谷間へ流れるインフィニティープール。




e0349423_05115537.jpg





プールのタイルは、ゴージャスな金ピカゴールド ( 笑 )




e0349423_05120881.jpg









e0349423_05124456.jpg





不思議な浮遊感のあるプール。




e0349423_05331720.jpg





プールサイドに人が溢れるようになったら、恥ずかしくて泳ぐことができないので、
空いているいまのうち、存分に泳いでおきましょう ( 笑 )




e0349423_05364607.jpg





プールの横には、パーティー用のスペースも(?)




e0349423_05371862.jpg





ジムも、プールのならびにあります。




e0349423_05373169.jpg






翌日の朝食は、2階のモダンマレーシア料理レストラン 「 ATAS 」 で。
ロビー中央の螺旋階段を上ったところです。




e0349423_05380172.jpg









e0349423_05381355.jpg





パブリックスペースは、どこも本当にお洒落で素敵。




e0349423_05383002.jpg





レストランは、3つのスペースに分かれていて、
手前にオープンキッチンのカウンター席と、屋外テラス席が。




e0349423_05384795.jpg





奥に広いダイニングルームが2部屋あります。




e0349423_05392913.jpg





広々として、とても気持ちのいいレストラン。




e0349423_05394658.jpg





朝食は、前菜やシリアル等は、ビュッフェスタイル、
その他は、アラカルトメニューから注文します。

こちらの朝食、すべての食材が上質で、
本当に美味しくて、一寸感動するほど。

お水も、ティナント。




e0349423_05561841.jpg





シャルキュトリーの付け合わせだけで、こんなにいっぱい。




e0349423_05562902.jpg





こちらは、シリアルやヨーグルトのトッピング。




e0349423_05564291.jpg





真ん中の印籠寿司のようなものは、鶏のバロティーヌです。




e0349423_05570252.jpg





玉子料理のメニューに、好物のカスレがあったので注文したら、
( 卵入りのカスレは食べたことがないので )




e0349423_05573008.jpg





運ばれてきたのは、ウッフアンムレットでした ( 笑 )




e0349423_05574696.jpg





こちらの雲呑麺がすごく美味しくて、
( 今回KLで食べた汁そばで、一番美味しかったかも。。。)




e0349423_05580224.jpg





すかさず牛肉麺を追加注文。
さすがにちょっとやりすぎでした。。。 ( 笑 )

牛肉の煮込みが、厚揚げのように大きくて、
お味も、豚骨ラーメン並みに濃厚でした。。。




e0349423_05581824.jpg








「 The RuMa Hotel 」 

大箱、大味なホテルが多いKLにおいて、きめの細かいパーソナルなサービスを標榜する稀有なホテルだと思います。私が泊まったのは、まだ開業1月経っていない時だったので、ベテランの手慣れたサービスというものは期待できませんでしたが、すべてのスタッフが前のめりすぎるほどに積極的で、とても手厚い接客を受けました。ロビーでタクシー待ちをしようものなら、スタッフ5人くらいに取り囲まれるなど、息の抜けないちょっと過剰な部分もありましたが、時間が経てば適度な距離感も取れるようになるだろうと期待しています ( 笑 )

ただ、私が泊まった時は、まだ客室は7階の1フロアーしかオープンしていませんでした。全14フロアーの1フロアーだけです。このあと全てのフロアーがオープンした時に、今回のようなホテルのプライベートな雰囲気とサービスが維持できるかは、まだ分かりません。それを考えると、ソフトオープン時の今が泊まり時のホテルなのかもしれません。


話は変わりますが、最近ホテルで良いサービスを受けて、気持ちよくなった後に、その従業員からトリップアドバイザーへの書き込みを強く依頼される場面が多いのですが。。。 

せっかく受けた感動も急に色あせてしまうようで。
この問題、どうにかならないものかしら。。。





最後に、KLで食事をして、記憶に残っているお店を、いくつか紹介いたします。

「 ビジャン 」 
マレーシア料理の有名店。日本人や外国人のお客が多く、旅行者向けとも言われますが、外国人の口にも合う食べやすくて美味しい料理だと思います。リゾート感溢れるお店の雰囲気も素敵です。

「 ガーデンビューレストラン 」
ゲンティンハイランドへ行く途中の Bukit Tinggi というところにあるローカルな食堂。こちらの猪のカレーがとても美味しくて記憶に残っています。山の中なのにシーフードも美味しく、カエルなどその他の料理もすべて満喫しました。

「 グランドインペリアルレストラン 喜粤海鮮酒家
香港そのままの味・雰囲気の飲茶が楽しめる中華料理店。私は、バンサーショッピングセンターのお店に行きましたが、他にも数軒支店があるようです。

「 Dewakan 」
KL郊外の大学のキャンパスにあるモダンキュイジーヌのレストラン。普段は苦手とする多皿メニュー、イノベーティブ系でしたが、こちらのお料理は興味深く美味しくいただきました。

「 小小飯店 」
カニの有名店。カニを乗せた土鍋ご飯が美味しかった。

「 Nadodi 」
世界的に流行しつつあるモダンインド料理料理のレストラン。こちらのお料理は、創作に走りすぎずインド料理らしさが感じられ、バンコクのガガンや、デリーのインディアンアクセントよりも気に入りました。

「 Vertigo 」
バンヤンツリーホテルのルーフトップバー。バンコクの有名店と同名です。ツインタワーの眺めはKLで断トツではないでしょうか。まだそんなに混んでいなく、ゆっくりできるのも高得点。階下のグリル料理のレストランも予想以上に(失礼)美味しかったです。




20年ぶりに訪れたKLの旅行記は、これでおしまいです。

KLに関する次の更新は。。。恐らく20年後かも( 笑 )





# by nonaetamu | 2019-01-23 18:07 | マレーシア | Comments(0)