インド旅行記3 2014年 「 ANANDA in the Himalayas 」



北インドの旅6日目、今日は旅の折返し地点です。

4泊過ごしたシムラを朝に発ち次の目的地リシュケシュへ向かいます。
シムラで手配したタクシーでデラドゥンまで行き、そこでホテルの迎えの車にバトンタッチ。

地図で見た直線距離100kmの道程を、実際には8時間も走り続ける結果に。
予想を超える大行程でしたが、このドライブが今回の旅のハイライトになりました。


シムラからカルカまできた道を下りて、街道をリシュケシュまで行くのかと思っていたのですが、
タクシーは想定とは異なる山脈沿いのドライブウェイを西に向かって走っていきます。

開通したての道路は快適で、車も少なく爽快なドライブ。

高山植物の広がる草原はインドにいることを忘れてしまいそう。
途中で休憩したお茶屋さんから眺めた峡谷の絶景も忘れられません。

崖に沿って谷間を走る曲がりくねった山道はスリル満点で
海のないアマルフィ海岸をドライブしているよう。

山の中を延々と走った後まるで梯子から下りたようにすとんと山道が終わり
そこからは草原の中の一本道を走ります。
ヒマラヤが巨大な山塊であることを実感。

田舎の街道は、国際校、大学、留学、MBA、全て教育関連の看板で埋め尽くされて。
有名なインドの教育熱の高さ・・・13億の厳しい競争社会が垣間見れ思わず戦慄 (笑)

道中幾つもの町や村を過ぎ、国境のように厳重な州境の橋を渡り
ようやく到着したデラドゥンの空港でホテルの車に引き継がれました。

州都デラデゥンからリシュケシュまでは1時間のドライブ。
ガンジス川から岐れた清流沿いを走ります。

そこで忘れられない幻想的な光景に出会いました。
河原が無数の白や黄色の蝶で埋め尽くされて
走る車の周りもひらひらと蝶々で包まれます。

とてもこの世の眺めとは思えない・・・・あの世かしら?
横を流れる川が三途の川に見えてきます(笑)

ウダイプールからジョドプールに向かう途中でも似たような経験をしました。
インドではよくある風景なのでしょうか?


夢のようなドライブに感動しているあいだに、車はリシュケシュに到着。
リシュケシュは、ガンジス川の上流、川の始点から250キロに位置する町。

「 ヨガの聖地 」 と呼ばれ、ビートルズが修業をしたことでも有名になりました。

リシュケシュの町を下に見ながら、再び険しい山道を登った山の上
今夜の宿 「 ANANDA in the Himalayas 」 に到着です。


古い洋館を改装したホテルの建物



e0349423_21233687.jpg






e0349423_21240461.jpg



アンティークな建物の一階に
ホテルのレセプションとラウンジがあります。



e0349423_21365015.jpg






e0349423_21384232.jpg






e0349423_21410970.jpg



泊ったお部屋は、旧館2階



e0349423_21425885.jpg



バトラーさんが案内してくれます。



e0349423_21433403.jpg



ドアを開けると、広いリビングルーム
窓が2面にあり明るさも良好です。



e0349423_21455463.jpg






e0349423_21473696.jpg



ロマンチックすぎるベッドルーム(笑)



e0349423_21522493.jpg







e0349423_21543483.jpg




ドライブの疲れを忘れさせてくれる
素晴らしいお部屋でした。



続く


# by nonaetamu | 2017-08-07 04:17 | インド | Comments(0)